ホリエモンの餃子店問題を考える

言ってみれば、たかがマスク、たかが餃子のお話ではあるわけですけれど、世の中数週間たってもザワザワしていますね。
ある意味さすがホリエモン、この事象でここまで世の中の関心を惹くことは他の誰でも難しい。デビ夫人でも長嶋一茂でもここまでの騒ぎにはならないでしょう。
田村淳、マスク批判の堀江貴文に苦言 「よくいった!」「本当、そう思う」の声
タクシーでのマスク着用『義務化』について…。 批判する堀江貴文さんに、田村淳さんがコメントしました。
私は、ホリエモンの理解者を自認しています。というと上から目線で失礼ですね。
もとい。いつも結構ホリエモン的な考え方と自分も重なることが多いので、我が意を得たりとウレシイことが多いんです。
メディアに出ている人で、新型コロナのインフォデミック的性質、そしてその甚大な被害について一貫してブレなかった人がホリエモンです。そういう意味では、世の中をひっくり返してでも、社会的弱者の方々が本当に困る事態になろうがなるまいが、自分たちのちっちゃな立場(テレビ局員、大学教授)や小っちゃいプライドのために善人面しながら何でも喋れてしまうような人よりよっぽど善良なのです。
【アゴラ掲載】コロナ・インフォデミックの戦犯たち①オウンゴールの構図
今朝からアゴラに掲載いただいています。 コロナのステイホーム生活で、子供も学校休みですから仕事しながら勉強を教えていました。 聖徳太子が604年に制定した十七条の憲法は「和を以て貴しと為し」で始まります。 素晴らしい考え方で、...

彼は、フェアネスに敏感な人ですよね。
ライブドア経営者時代の、フジテレビ買収でも、フェアに言えばホリエモンのやろうとしていたことは悪いことでもなんでもなかった。むしろ理屈もへったくれもなく、叩き潰しにかかった日本の権力総本山ハードパワーの方がよっぽど乱暴であったことは間違いありません。
もちろんサラリーマン経験のないホリエモンですから権力のヒエラルキーをちょっと軽く見ていたきらいはありますし、何しろ若かったというのもあるでしょうけれど、やっぱり許せないんでしょうね。そんなアンフェアな状態を。
不条理と戦う闘士のスピリットがあるんだと思います。

今回の餃子店問題でも、強硬かつ一方的、不条理にマスク着用を強制されることに非合理性とアンフェアネスを感じて我慢できなかったのだと思います。だから態度に出てしまったのでしょうね。
ホリエモンも、飲食店を経営しているようですし、お店側の論理が分からないわけではないでしょう。
どんな店に行っても偉そうにして、無粋な態度をとる野暮天というわけではないと思います。
江頭2:50さんとエルメスのひと悶着を考える
江頭2:50さんとエルメスでひと悶着あったようですね。 江頭2:50さんの買い物動画に対して、エルメスが店名やお店のビジュアル露出NGを出したとのことです。 実は私も買い物YouTube大好きなんですよね。 なぜ人は買い物...

むしろそれなりのお店とは、キチンとした関係を作っているのではないでしょうか。

でもそれだけに、お店の運営というものについて一家言はあるでしょうね。

(写真:AC)
「マスクの着用」をお願いするのであれば、それなりのディスクラメーションつまり表示であったり、お願いの仕方があるはずだと。

もっと言えば「マスクを着ければ安全だ」とあなたは何を根拠に言っているんだと。
本当に勉強しているのかと。
私が知る限り、ホリエモンはかなり早い時期から新型コロナについて結構勉強しています。
YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有
私も色々調べますが、マスクのコロナウイルス防御効果については諸説あり、必ずしも絶対的な効果が保証されているわけではありませんし、まったく効果がないという意見もあります。その立場からすれば、安易に他者にマスク着用を求める根拠は何なんだと。
本当に新型コロナを防疫するということに真剣であるとすれば、あなたがふんわり確信しているからと言って、安直過ぎないかと。実はそんな気分に私も多々襲われることがあります。マスクとか手袋をしときゃあいいんだろうと何も考えていない人の不衛生さというのは本当に無責任なところがあります。
シリコン手袋してれば安心?という思考停止が日本を滅ぼす
ここ最近色々と記事にしてきましたが、少なくとも日本では死者も重傷者もほとんど出ない病気と判明しているにも関わらず相かわらずのコロナパニック。ほとほとイヤになります。 ただ騒いでいるだけで実害がなければ良いのですが、それでなくても厳...

この辺はマスク着用を強硬に求めたエアラインの対応とも論点が重なります。
科学的根拠も、法的根拠も曖昧なまま、少なくともしっかりとした説明のないまま、顧客になんらかを要求するのであれば、それなりの準備と説明のためのロジックが必要です。パイロットの方も言っていましたが、CAの対応で事態を不必要に悪化させたし、お願いするのであればやり方があったはずです。多分あのCAさんにとって、みんなが良しとしていることは絶対的に正しいというだけの話であって、それに従わない人は彼女にとっては狂人に他ならないわけです。
でも、そんな程度の思考で根拠なく人に何かを強制することは許されませんし、防疫についての勉強不足、思考停止は危険ですし、同調圧力上等の社会は本当に不幸です。

お店というものがどこまでパブリックな存在であるかは微妙なところがありますが、やはり公に看板を出して商いをする限りはそれなりに色々な意見、考え方の人を前提にしなければいけません。
まして人に何かをお願いすることは、そんなに軽い行為ではないと私は思います。
この点、公共でさえ最近非科学的に強圧的で本当にふざけるな。とそれこそ怒りが収まりません。
くだらない条例の奇怪さ。茨城県議会よいい加減にしろ。
子供の頃から根拠のわからない校則やルールに反発を感じる方でした。 例えば、髪の毛の襟足は何cmまでだとか、なんだとか。 別に髪の毛を伸ばしたい気持ちもなかったので、実害はなかったとしても そう決め人に強制するだけの合理的根拠と明快な理...

私は、安全保障や経済運営では非常に非常に現実派で保守政党のそれに意図してではありませんが、意見が近いのですが、人権、自由と言う絶対的概念では一歩も譲られない言葉本来の意味での超リベラル派です。
今回のコロナでは、簡単にパニックになって緊急事態宣言という超強硬処置を自ら懇願するかのような左派政党の在り方に心の底からガッカリしました。わずかに残っていた期待が粉々になりましたね。むしろ安倍政権の方が、憲法や人権の視点で緊急事態宣言に慎重でした。まあ結局世の中のパニックに押し切られたことは大変残念でしたが。

ということで、今回の件もホリエモンの気持ちも良く分かる私なのですが、
一言だけ理解者として苦言を言うとすれば、やはり言葉遣いが悪すぎる。
半分確信犯の部分はあると思いますが、バズれば良いという立場ではもはやないはず。
端的で強い言葉遣いは世間の耳目を惹きますが、ホリエモンに信頼感というエッセンスが加われば鬼に金棒なのにといつも残念ではあります。

記事の更新情報をお届けしています。ぜひフォーローください。

秋月涼佑のtwitter

facebookはこちらから。

タイトルとURLをコピーしました