家族に障害児がいます from N.Y.

家族に障害児がいます from N.Y.

【第9回 家族に障害児がいます from N.Y.】ニューヨークのコロナ狂騒曲

今回は過去の話ではなく、今現在私達の身に起きているCOVID-19に纏わる騒動について。 中国の武漢で新型コロナウィルスが発生した頃は、ニュースで話題にはなっていたけれど、まだまだ対岸の火事的な状態でウィルス騒動の動向を見ていたアメリ...
家族に障害児がいます from N.Y.

【第8回 家族に障害児がいます from N.Y.】2歳 Early Intervention (障害を認知してから)

以前にもEarly Interventionという2歳から3歳までの子供のためのサービスを受けたことは書いたと思うが、ここからが息子を自閉症児として認識し四苦八苦しながら対応していく生活の始まりだった。発達検査をしてもらい、我が子に何らかの...
家族に障害児がいます from N.Y.

【第7回 家族に障害児がいます from N.Y.】2歳前までに感じた違和感

以前も息子がまだ2歳になる前に感じた違和感等について、あれこれと書いたことがあったが、今回はもっと細かく振り返ってみたい。 限りがある出生前診断で分かる障害 息子の妊娠中には全く何も問題なく、普通に妊娠、出産に至った。ちなみに途中、高齢...
家族に障害児がいます from N.Y.

【第6回 家族に障害児がいます from N.Y.】偏食

障害を持つ人には偏食が多い? 自閉症などの障害を持つ人には、偏食の傾向が多いように思う。ペアレンツサポートグループなどで同じような障害の子供を持つご両親などの話を聞いていると、本当に偏食でも様々な傾向があって興味深い。一切の固形物を受け付...
家族に障害児がいます from N.Y.

【第5回 家族に障害児がいます from N.Y.】感覚過敏

息子の持っている特徴の中に感覚過敏というものがある。発達障害を抱える人達に総じてある特徴でもあると思うが、我が子の場合は音に非常に敏感だったり、触覚に特徴があったりするようだ。現在でも少し大きな音がするものに対しては耳をふさぐ行為をすること...
家族に障害児がいます from N.Y.

【第4回 家族に障害児がいます from N.Y. 】こだわり

お友達シリーズの新しい仲間。 N.Y.在住のMrs.NYしおママの外国で障害児を育てる日々の貴重なレポートです。 こだわり 場所見知りが始まった頃から面倒なこだわりも始まった。おやつに与えていたお煎餅があったのだが、それが割れていたり...
家族に障害児がいます from N.Y.

【第3回 家族に障害児がいます from N.Y.】多動と場所見知り

お友達シリーズの新しい仲間。 N.Y.在住のMrs.NYしおママの外国で障害児を育てる日々の貴重なレポートです。 多動  息子の行動で一番最初に悩まされたのは彼の多動である。とにかくジッとしていない。大袈裟ではなく、本当に1秒たり...
家族に障害児がいます from N.Y.

【第2回 家族に障害児がいます from N.Y.】喋らない息子

お友達シリーズの新しい仲間。 N.Y.在住のMrs.NYしおママの外国で障害児を育てる日々の貴重なレポートです。 引っ越し 息子が1歳8か月の頃に、私たち一家はロサンゼルスからニューヨークへ引っ越すことになった。 小さい子が一緒...
家族に障害児がいます from N.Y.

【第1回 家族に障害児がいます from N.Y.】障害者の家族になる

お友達シリーズに新しい仲間が加わってくれました。 N.Y.在住のMrs.NYしおママが、外国で障害児を育てる日々について書いてくれるそうです。 日本でも苦労が多いに違いありませんが、想像もできないNYでの子育て。 貴重なリポートをぜひ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました