ラグビー日本代表 公式スーツがカッコよく見える理由

普段はジャージ、しかも薄い生地で体全体を覆うようなユニフォームでもなく、ほとんど裸というか
肉弾感あふれる恰好に目が馴染んでいるだけに、スーツ姿が新鮮です。

(洋服の青山ホームページより)
テレビの画面からも、鍛え上げた肉体に黒のスーツが似合っていますね。

スポンサーリンク

カッコ良く見える三つの理由

なぜ似合うか。もちろん鍛え上げた体があるからです。
180cm以上の大きな選手も多く、見栄え、迫力があります。
いわゆるモデル体型の真逆で、筋肉の大きさが尋常ではない彼らのこと、もちろん一人一人メイドツーメジャーすなわち、個別採寸の個別縫製でしかこのフィット感はでないはず、どころか着ることもままならないでしょう。

もう一つ、格好よく見える理由は、色味を抑えたスーツの抑制感、ストイックさですよね。
普段むき出しの野性を感じさせるだけのギャップ。そこにもグッときます。
なんとこのスーツ、黒地(実際にはシャドウチェック柄になっているようですが)に白の無地シャツ、黒いネクタイです。
一見、一般的に日本では冠婚葬祭に使われるような組み合わせですが、これだけ個性的なメンバーが揃うラグビー日本代表ですから、むしろ引き立てるストイックさがとっても良い塩梅です。

そしてやっぱり全員が同じスーツを着ることの恰好良さもありますよね。
ステージに立つアイドルグループとも重なる理論です。

この公式スーツ「洋服の青山」さんが提供しているのですね。
スポンサーシップ|洋服の青山(紳士服・スーツ販売数世界No.1) | 紳士服・スーツ販売数世界No.1 - 洋服の青山【公式通販】
洋服の青山の「スポンサーシップ」をご紹介します。スーツ販売数世界No.1の洋服の青山なら、スーツやフォーマルはもちろん、洋品、靴にいたるまで、紳士服、レディース用品の全てが揃います。

レプリカモデルを我々も買える。
プレミアムスタイリッシュスーツ【ラグビー15人制男子日本代表公式レプリカモデル】(7043HRM-94) | HILTON | 洋服の青山 公式サイト/オンラインストア【公式通販】
プレミアムスタイリッシュスーツ【ラグビー15人制男子日本代表公式レプリカモデル】 - (7043HRM-94)の詳細情報。スーツ販売数世界No.1の洋服の青山なら、スーツやフォーマルはもちろん、洋品、靴にいたるまで、紳士服、レディース洋品の全てが揃います。

洋服の青山と言えば。サラリーマンのユニフォームというイメージですが、
仕事服だからあまりこだわりもなくしょうがないから着るかぁという感じではなく、
よっしゃー!オレもラグビー日本代表のスピリッツでがんばるぞー。という気分でスーツを着たいですものね。
失礼ながら普段実用的というか機能的な評価はともかく、ちょっと情緒価値の訴求が弱いブランディングと感じる「洋服の青山」さんですので、公式スーツ協賛のアプローチはとっても有効な気がします。

ところでHILTONとあるブランド名は、イタリアVestamenta社の自社ブランドHILTON TIMEと関係あるのですかね。
Vestamenta社と言えば、アルマーニの黒ラベルつまりコレクションラインのOEM製造で有名な技術が高い工場ですが、生粋のイタリアメイドで鳴らすブランド、日本製を訴求するのならばHILTONブランドにこだわる必要はないように思いますが。。。

公式スーツはサッカーが元祖?

こういう公式ユニフォームの取り組みの元祖と言えば、どうしても男子サッカー日本代表を思い出します。

(ダンヒルプレスリリースより)
ダンヒルが長年供給していますよね。
サッカー日本代表、歴代のオフィシャルスーツを紹介 - ダンヒルが手掛ける「勝負服」
イギリスのメンズラグジュアリーブランドのダンヒル(dunhill)は、2000年より毎年、サッカー日本代表のオフィシャルスーツを提供している。カスタムテーラリングプログラムとして展開されるダンヒルのス...

サッカー選手も腿(もも)が異常に太いなど並の体型ではないですが、背が高い選手も多く、スーツを着ると恰好良いこと格好良いこと。
高校時代は「ハンパねェー」と地元の伝説ぐらいのヒーローが結集しているわけですから、恰好良くて当たり前かもしれません。

ゴルフの公式ユニフォームも決まってる

スーツではないのですが、現在オーストラリアの名門ロイヤルメルボルンGCで行われている、男子ゴルフのプレジデントカップ。
2019 ザ・プレジデンツカップ | ゴルフネットワーク
2019 ザ・プレジデンツカップ 開催コース:ロイヤルメルボルンゴルフクラブ (オーストラリア) 賞金総額:なし 解説:内藤雄士(ツアープロコーチ・前半)/佐藤信人(プロゴルファー・後半) ゲスト解説:進藤大典(プロキャディ・1日目、2日目、最終日)/タケ小山(プロゴルファー・2日目、3日目)/鈴木亨(プロゴルファー・...

有料チャンネルのゴルフチャンネルでしか日本では見られないので、ちょっとマイナー感があるかもしれませんが、
世界的にはライダーカップのない隔年に開催される「全米チーム」対「世界選抜」で戦われるマッチプレー、出場選手に選抜されるだけでも名誉と言うビッグな大会です。今回は松山英樹が出てますし、かつては石川遼が最年少出場したり、丸山茂樹が活躍するなど日本人も活躍しています。普段の個人戦と違い、チームの威信をかけて戦うコンセプトが珍重されていて格が高いとされる大会なんです。

そしてチームユニフォームがなんとも良いんですよね。
全米チームは赤に白。世界選抜は黒基調。
ちょっと写真が小さいですが…

(大会公式Twitterより)
黒にパンツは日替わりのようですが、このカーキーチノパンスタイルも良いじゃないですか。
大人な感じです。

(大会公式Twitterより)
ギャラリーも選手と同じスタイルで応援して盛り上がるのも良い。

何はともあれ、スポーツの公式ユニフォームやスーツから目を離せません。

秋月涼佑ゴルフ関連記事

【過去記事一覧】ゴルフ

記事の更新情報をお届けしています。ぜひフォーローください。


facebookはこちらから。

タイトルとURLをコピーしました