渋野日向子にワクワク。「全米女子オープン」3日目も首位キープ

今日の日本時間朝3時から中継(WOWOWは1時から)された「全米女子オープン」<チャンピオンズGC(テキサス州)>。
海外メジャー大会の中でも格上の大会として知られています。
さすがに決勝ラウンドともなると眠い目をこすりながらもテレビにかじりつきました。
(下記は昨日、予選ラウンド2日目記事です。)
「全米女子オープン」渋野日向子3打差単独首位 再びメジャー勝利の夢に大興奮
昨晩は爆睡してしまい見れなかったので、今日午後CSの「ゴルフネットワーク」で「全米女子オープン」2日目の録画放送を観戦しています。 というか、ネット時代のありがた迷惑で結果は朝起きた後、見ないようにしていたスマホニュースなのですが、 ...

今回は十数人の日本選手がロレックスランキングの選考基準等で出場権を得てトライしたわけですが、
結局決勝ラウンドに進めたのは渋野日向子と笹生優花など半分の選手くらいでしたし、大型新人笹生優花も3日目はスコアを崩しアンダーから+4に後退ですから、やはり日本のゴルフ場との芝やコンディションに違いなど、簡単ではない要素が多いのだろうなと感じさせてくれます。
ある意味、渋野日向子孤軍奮闘状態ですが、2位のエイミー・オルソンと1打差といえ首位をキープしたのは本当に良かったです。

(写真:大会ホームページ)

ほとんどの選手がスコアを落とす状態で、テレビ画面を見ている限り私が見ていたCSの「ゴルフネットワーク」解説岡本綾子プロも言っていましたが、そこまで何が難しいのかちょっと分からないぐらい錚々たる一流選手が苦戦していました。

ちょっと気温が下がってるようですし、やはり距離が長いですかね。雨も降ったようで、ボールに泥がつく状況、ランが出ない状況もありました。セカンドがほとんどロングアイアンかユーティリティ。200ヤード近く残る場面が多かったように思います。我々アマチュアではレギュラーティーから打っても、ちょっと距離のあるコースだと良くある光景ですが、トッププロをしてもガードバンカーや池に囲まれた難しいピンポジションをその距離から狙っていくのは簡単ではないように見受けられました。
でもこれこそメジャーのコースセッティングですよね。3日目終わってアンダーがたったの4人。そのトップが渋野ですから、苦しい中良く耐えたと思います。

職業病ですが、メジャー大会らしいのがスポンサーですよね。
まずロレックス。もちろん男子ツアー含めてロレックスとプロゴルフの関係は一年間トーナメントを通して極めて強いわけですが、この大会は特にメインスポンサーという感じでロレックスの存在感を感じさせてくれます。またそれが大会の格式に貢献しているのですから幸せな関係です。
特にCS「ゴルフネットワーク」で中継を見ていますと中継のスポンサーもロレックスですから、ロレックスランキングについて詳しい解説などもあったりしてロレックス感満載です。
ロレックス・ランキング - ロレックス公式女子世界ゴルフランキング
ロレックス女子世界ランキング公式サイトでは、トップ女子ゴルファーの最新ランキングを見ることができます。サイトで詳細をご確認ください。

いつも感じるのですがロレックスのマーケティングって本当に上手ですよね。
むやみに露出しない。普段はマーケティング必要ないのかな?というぐらい見かけない気がします。
だって、黙ってても売れてるでしょうしね。デイトナやサブマリーナなどスポーツ系の値段の高騰は相かわらずのようですし、需要より少し少なめに供給する「渇望感」の演出はフェラーリやエルメスなどにも通じる、ヨーロッパ超高級ブランドの定石です。

でも、これでもかと贅沢に露出する部分では大きくスポンサードしていく。
ロレックスランキングやメジャー大会スポンサードなどゴルフ周辺でのお金の使い方は流石と思いますし、やはりターゲットを考えると納得の戦略だと思いますね。

それも必要とあらば豊富な資金を投入できる裏付けあればこそでしょうけれど。逆に日本でのマーケティング予算は最低限なんでしょうね。
それゆえの「ゴルフネットワーク」CMピンポイントかもしれません。
まあ、日本ではそれこそ広告必要ないでしょうね。

あと頑張ってるなと思ったのがレクサス。
最新のコンバーチブル、LC500がショートホールのラフに無造作に置いてあるディスプレイが面白い。
おいおいミスショットがぶつかるぞという位置ですが、世界のトッププロですから、そんな心配いらないんでしょうかね。

自動車の展示って、車高がとにかく低く見えた方がカッコ良いのでオモリを積んだりするのですが、ラフの芝に沈んで自然に低く見えるのもナイスな効果ですね。
こんな自然派なディスプレイが今後増えるのかのもしれません。
確かにこう見ると、バックパネルにお化粧した自動車展示って、パッケージ化され過ぎていてどれもこれも同じに見える気もしますので、良いチャレンジのようには思いました。

それにしても、テレビ東京さん、せっかくのプラチナコンテンツの中継で「持ってるなー」と思ったのですが、
なんとチラ見した限り、上がり3ホールは中継終了で、通常番組でした。
明日の最終日、もし渋野日向子が優勝しても、そんなマイペースを貫くのでしょうか。
私は、ニッチなゴルフ好きとして「ゴルフネットワーク」(当然放送時間延長)「WOWOW」と手段があるから良いですが、そんな哀しい編成で良いんでしょうか。
他人事ながら心配です。

そんなこんなで、渋野日向子の優勝を願いつつ、本日未明からの観戦へのワクワクが止まりません。組み合わせもエイミー・オルソン(アメリカ/1打差)、モリヤ・ジュタヌガーン(タイ/3打差)とメジャー大会らしい組み合わせです。

2020/12/14(月) 01:00-09:30 WOWOWライブ 全米女子オープン 最終日
2020/12/14(月) 02:00-07:15 ゴルフネットワーク 全米女子オープン 最終日
2020/12/13(日) 04:15-07:05 テレビ東京系列 全米女子オープン 最終日
(なぜか下記引用元のサイトのサムネイルのタイトルが間違っていますが)
ピュアシルク選手権 テレビ放送予定-LPGAツアー 米国女子
ピュアシルク選手権 米国女子ツアーのテレビ放送予定です

【過去記事一覧】ゴルフ

記事の更新情報をお届けしています。ぜひフォーローください。


facebookはこちらから。

タイトルとURLをコピーしました