豊洲市場で朝食を

【第15回 豊洲市場で朝食を】江戸前場下町 寿司菜(すっしーな) 活魚真鯛丼 2000円

ということでコロナ第一波も一応の収束ですかね。 久しぶりに豊洲市場に寄ってみようかと思い立ち行ってみると、ようやくにして一般客も利用できる、時間貸し駐車場が完成していました。 一般利用可、待望の駐車場棟完成 豊洲市場開業当初のあの...
Netflixがすごい

【第11回 Netflixがすごい】「スノーピアサー」 映像作品ならではのグラフィカルな終末的世界観を堪能

このテレビドラマシリーズもNetflixオリジナルです。 細かく言えば、アメリカのテレビ局制作ですが米中以外の配給権をNetflixがもっているようです。要は出資したということかと思います。 まだまだピカピカの新作ドラマで、本国アメリカ...
なんでもない日のなんでもない話

女帝「小池」と「田中みな実」礼香のシバキに痺(しび)れる我々

小池百合子氏が東京都知事に再選されました。 かねて小池氏の政策面での無策ぶりにガッカリし続けてきた私としては残念な出来事なのですが、大方の予想通りではあります。 もちろん民主的な選挙で当選したからには、小池氏が都知事を務めることには...
スポンサーリンク
ワーママの職場あるある

【第13回 ワ―ママの職場あるある】ひと昔前の発熱対応と隔世の感

知り合いから聞いた話に、あるブラック企業で38度は微熱だと働かされていた人の話を聞きました。37~38度は微熱と呼ぶのは正しいそうですが。一昔前、バブル弾けて間もないころはそんなことが普通だったなと思い出しました。 流石に女性...
なんでもない日のなんでもない話

モナコxフェラーリxイケメンレーサー のショートフィルムが超オシャレ

たまたまネットで見つけたのですが、フェラーリ提供の5分ちょいのショートフィルム。 『男と女』の名匠、クロード・ルルーシュ監督が、44年前に撮った9分の短編映画『ランデヴー』。この作品に着想を得た新たな作品が、フェラーリの公式ウェブサイ...
ママのSAPIX奮闘記

【第57回】ママのSAPIX奮闘記-2022年2月へのビクトリーロード『学校再開。まったく時間が足りない』

約1か月の間にテストが三回でしたね。うち復習テストはこれからですが、常にテスト範囲の復習が終わっているかの追いかけっこ状態でした。 学校との両立が課題 通常の学校生活が始まるとSAPIXへ行く日は、学校からSAPIXへ。帰ってきても勉強...
なんでもない日のなんでもない話

震撼!中学受験の市販参考書・問題集の出来が良すぎる

というわけで、新型コロナウイルス流行は様々な副産物をもたらしたわけですが、 良かった側面を言えば、圧倒的に子供とたくさん一緒にいれた点です。 こんなことでもなかったら、仕事にかまけて二度とはやってこない小学生時代の我が子と大して多くの時...
なんでもない日のなんでもない話

小池百合子と渡部健の驚くべき共通点

いやー読みました。「女帝」 最初買おうと思ったとき欠本していてちょっと遅ればせですが、噂通りにノンフィクションとして完成度が高い本で、読みだしたらあっという間でした。 都知事選ではすでに圧勝の下馬評ですが、私の政治家小池評は...
SankeiBiz

【SankeiBiz掲載】新駅も開業 虎ノ門ヒルズは街ブランディングの新次元を示せるか

SankeiBizで連載させていただいている「ブランドウオッチング」の新記事です。 記事にも書かせていただきましたが、日本人の9割は世界基準で言えば都市生活者に分類されるそうです。 確かに今回の記事にも書かせていただきましたが、...
家族に障害児がいます from N.Y.

【第12回 家族に障害児がいます from N.Y.】子供は乾いた砂が水を吸うように、覚えが早い、、ほんと?

私はこの格言に対して「嘘でしょ?」と言いたい気持ちが喉元まで来ている。嫌、一般的にこの言葉は子供の理解力の早さや無限の可能性について正しく言い当てていると思うのだが、全ての子供に当てはまる言葉ではないと日々実感中。我が子の脳は砂やスポンジの...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました