2020-05

家族に障害児がいます from N.Y.

【第11回 家族に障害児がいます from N.Y.】いつまで続くの?NYの自粛生活

NYで外出禁止令が出された時はひと月程度で元の生活に戻れるのだろうと思っていたけど、段々と感染者数も死者数も増えたことで学校の再開も遠のき、気付いたら学校は9月の新年度まで再開されることは無くなった。期待していたサマースクールも、現状と同じ...
アゴラ

【アゴラ掲載】コロナインフォデミックの戦犯たち③ 不可解な動機 メディアの亡国、罪と罰(2)

コロナインフォデミックの戦犯たち第3回ということで、今回はなぜあそこまでテレビ朝のワイドショーのコロナ恐怖訴求が過熱化したのかという動機に焦点を当てて記事にしました。 よろしければ、下記第1回、第2回もあわせてお読みください。 ...
ママのSAPIX奮闘記

【第52回】ママのSAPIX奮闘記-2022年2月へのビクトリーロード『分散通塾スタート』

6月を待たずに緊急事態宣言は解除されましたが、一挙に学校登校、通塾へと状況が反転するわけではないことはわかっていましたが。 学校も塾も 学校も分散登校、SAPIXも分散通塾へ。 先日、またまたオンライン授業をすっぽかしてしまい...
スポンサーリンク
なんでもない日のなんでもない話

ディスポーザーのありがたさ

自粛生活で急に三食家での食事だったからというわけではないのでしょうが、ディスポーザーが壊れました。 振り返ると、この期間に三木谷さんがディスポーザーが壊れて自分で修理したとツイートしてニュースになっていたりしましたから、三食使ったから壊れ...
なんでもない日のなんでもない話

好きなことを書けないとしたら、新聞記者って結構辛い仕事じゃないのだろうか?

私は活字中毒だと思っています。読めるものならばなんでも年から年中読んでいたいといったタイプで、もちろん下世話で恐縮ですがトイレで何か読むのはデフォルトです。未読の本や雑誌がストックしてある家は良いのですが、出先でなんかの拍子に手元に文庫本や...
アゴラ

【アゴラ掲載】コロナインフォデミックの戦犯たち②メディアの亡国、罪と罰(1)

前回 上記に続いて、今回は第2回です。今朝より掲載されています。 今回のコロナ騒動でひとつ思うことは、経済的な影響に対しての感受性が人によってかなり差があるなと思うことです。 今回取り上げた「羽鳥慎一モーニングショー」...
ワーママの職場あるある

【第12回 ワ―ママの職場あるある】在宅勤務の日々の〇と✕

コロナ騒ぎで4月から徐々に在宅勤務へシフト。 世の中は「テレワーク」とよぶけれど、モバイルwifiは使わないようにと言われ、“どこでも仕事場”とはならず、自宅でのみ許されているので「在宅勤務」の認識。 憧れだった在宅勤務 どこの家...
建築・インテリア・家具

インテリア雑誌”I’m home.”が愛おしい。

それにしても、本屋が少なくなりました。世界に誇る銀座だけ考えても、洋書の近藤書店がなくなって早数十年。今東急プラザになった東芝ビルの1Fもその昔は本屋でした。コアビルのワンフロアを占めていたBook 1st.が終了したのが痛かったですね。確...
なんでもない日のなんでもない話

陰謀論のやっかいなところ

ネット時代になり、一部のメディア企業だけではなく多くの個人が発信できるようになったことは本当に良いことだと思います。 もちろんビッグバンと言って良いほどに情報量が増えていることで、ノイズと言う他ないような発信も増えました。 ただ憂さを晴...
ママのSAPIX奮闘記

【第51回】ママのSAPIX奮闘記-2022年2月へのビクトリーロード『動画で保護者会』

コロナ自粛生活での変化で今後もこれにして欲しいと思ったのは動画による保護者会です。 SAPIXだけでなく、小学校も保護者会を動画などにできるならば検討してほしいものです。 SAPIX保護者会が動画配信 過去の保護者会、100%の出席で...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました