【子供と見ても安心 – ラブ💛韓流ドラマ】第17回 リッチマン 嘘つきは恋の始まり

『梨泰院クラス』的なドラマを探しているときに『リッチマン~嘘つきは恋の始まり~』を観始めました。ITのベンチャー企業が舞台のようだということで似ていると思っていました。ところがなんだか恋愛色が強いようだに思えて、ちょっと放置していました。

かなりハマらないと一気見とまではいかないので、通常5作品位を順繰りと気分に合わせてみています。

観終わってからネット検索をして知ったのですが、『リッチマン、プアウーマン』という日本のドラマをリメイクした作品だとか。『リッチマン、プアウーマン』・・・観ていなかったので全くしらないのですが、タイトルがプアすぎじゃないですか。

『リッチマン、プアウーマン』は全く知らないので『リッチマン~嘘つきは恋の始まり~』のことについてとなります。

失顔症という初めて聞く病(?)のイ・ユチャン。他人の気持ちを理解できないというようなコミュニケーションに問題があることが失顔症と関連しているようで、人間として成長していく中で失顔症も克服でき、もろもろがハッピーエンドへ。
というのが骨ですかね。

失顔症なので、過去に誰よりも信頼していた恋人の顔も思い出せない。自分の前から姿を消してしまった恋人と再会したいとは思い続けているところにその彼女の名前を名乗る女性が出現する。しかしどちらも顔がわからないので、再会したい恋人なのかすら判断ができない。別人だって知るんですけどね。
イ・ユチャンはNEXT INの代表で天才プログラマーという会社の顔でもあります。

他人の気持ちがあまり理解できないので、会社に利益をもたらさないお荷物社員と判断したらバサバサッと切り捨てていくわけです。
なので敵もどのくらいいることやら・・・。日本ではできない芸当ですが、韓国はあり得るのでしょうか。
韓流見るなら<U-NEXT>ココでしか見られない韓流ドラマが超♥充実! | U-NEXT
どこよりも早く!最新作を独占配信!日本最大のラインアップ。今なら31日間無料トライアル実施中!

過去の恋人の名前を名乗ってイ・ユチャンの前に出現したキム・ボラ。

イ・ユチャンとともにNEXT INを立ち上げ育ててきた副社長のミン・テジュもキム・ボラを好きになります。

キム・ボラがイ・ユチャンを好きだということはイ・ユチャンもミン・テジュも知っているのですが、イ・ユチャンはミン・テジュの妹ミン・テラと付き合っているのです。それなのにイ・ユチャンとキム・ボラが仲良くしているところをミン・テジュが目撃してしまうのです。キム・ボラの好意を知りながらもミン・テラと付き合っているのだから脈がないわけで、ミン・テジュがキム・ボラと付き合いたいと言ってもはねられたのにイ・ユチャンは・・・と怒りの炎が燃え上がってしまったようで、イ・ユチャンをNEXT IN代表の座から追い出すことにするのですが、その手段がやばかったですね。犯罪ですから。

自分の分身であり、生きがいであり、すべてであるNEXT INから追い出されて何もなくなってしまったイ・ユチャンを支えるのがキム・ボラ。そのうち他の人も集まってきたりしてコミュニケーションの大切さを覚えていく中で顔を認識できるようになっていくという温かいお話でしたよ。

人間の成長が上手に表現されていたと思います。

イ・ユチャンを演じていたのは、EXOのスホ。アイドルグループのようですね。
初めて見た!と思ったら『総理と私』にも出演していたそうです。全く覚えてない~。
見ているうちに菅田将暉似だ!と思ったのですが、いかがでしょうか。

韓国俳優を検索したときにいつも確認するのが身長です。主役の人ってだいたい180センチ以上なんですよね。スホは173センチ。『百年の花嫁』のイ・ホンギも175センチで主役です。俳優専門だったら主役にはなれないのかもしれませんが他ジャンルで名を売っていれば180センチの壁は不問なのでしょうか。と、思ってしまうのです。

2話くらまではベッタベタの恋愛話かと思いきや、あれやこれやといろいろ起きて楽しめました!!!
あまりに暗くて、先に進めるのは気が重いってことがないのも良かったですよ。
リッチマン~嘘つきは恋の始まり~ | Netflix
人の顔を認識できない失顔症という障がいを抱えた天才CEO。並外れた記憶力をもつ就活生に消えた恋人の姿を重ねた彼は、彼女を期間限定で採用するが...。

(写真:netflixより)

スポンサーリンク

ラブ💛韓流ドラマ 記事一覧

【子供と見ても安心 – ラブ💛韓流ドラマ】過去記事一覧へ

記事の更新情報をお届けしています。ぜひフォーローください。

秋月涼佑のtwitter

facebookはこちらから。記事の更新情報をお届けしています。ぜひフォーローください。

タイトルとURLをコピーしました